ホーム>那覇店コラム>「フゼアロワイヤル」レシピ*アロマブレンド調香⑪
那覇店コラム

「フゼアロワイヤル」レシピ*アロマブレンド調香⑪

フゼアロワイヤル

森の中で迷い疲れて、樫の切り株に腰かけたら

「まっ、こんな日もあるよな~」と悟らせてくれるフゼアです。

男性専用のノートなんだけど、

最近、フゼアノートをつけてる男性いないなぁ。

(私が紳士に出会ってないだけなのかしら?)

 

1882年に発表された「紳士の香り」と称される

【王家のシダ】という意味の
ウビガン社【フゼア ロワイヤル】。 


<フジュール ロワイヤル>とも呼びます。

 

香水の「フゼアノート」という香調は、

この【フゼア ロワイヤル】が元になりました。

(コティ社の香水「シプレ」からシプレノートが誕生したのと同様です。)

 

*フゼアノート⇒バリエーション

 

<フジュール=フゼア>とは「シダ植物」という意味。

シダ植物


当時(19世紀後半)の紳士たちの間で、

シダ植物を育てるのが流行っていたそうです。
 

大きな温室を作れる財力と、

手間暇をかけて育てる時間的余裕が、
 

上流階級の「紳士のたしなみ」だったのです。

 

 
紳士

その紳士たちに相応しい香りとして

「フゼア ロワイヤル」が発売されました。

シダ植物の香りをつかっている分けではありません(笑)。

 
 


「フゼア  ロワイヤル」香水(フゼア) レシピ

トップノート
ラベンダー、クラリセージ、スパイクラベンダー、ベルガモット、プチグレン
 

ミドルノート
ゼラニウム、ローズ、ヘリオトロープ、カーネーション、オーキッド
 

ベース(ラスト)ノート
オークモス、トンカビーンズ、バニラ、ムスク

 

精油でのアレンジ  *数字は比率 

ラベンダー 6
ベルガモット 2
プチグレン 2

ローズ 2
ゼラニウム 2
カーネーション 1

オークモス1% 4
トンカビーンズ1% 1

ウビガン

アロマブレンドデザイナーコースのクラス中に、「フゼアロワイヤル」のアレンジを作成したい方は事前にお申し出下さい。

同じフゼア香水⇒「クールウォーター」レシピ

 

インストラクター・アロマセラピストコースでは、ノートや効果を意識したブレンドを練習します。

アロマブレンドデザイナーコースでは、香調を意識したブレンドを練習します。


アロマテラピーを学ぶ本科資格(アドバイザー・インストラクター・アロマセラピスト)

アロマを楽しむ専科資格(ブレンドデザイナー・ハンドセラピスト)
 


気軽に「お問合せフォーム」からお問合せ下さい。⇒コチラ

AEAJ総合資格認定校 イースターセブン那覇・横浜

***********************

下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ   
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.aroma-easter7.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/141

ページ上部へ