アロマ検定*グラースを「香水の都」にしたゼラニウムと女性

こんにちは♪イースターセブンの黒澤円です
 今月はグラースを「香水の都」にした
女性とゼラニウムを紹介します。

フランス国王に嫁いだカトリーヌ・ド・メディチ

(伊)フィレンツェの政治権力を持つ富豪
メディチ家の
カトリーヌは、

香りのトレンディどころか国をも動かしたんですよ!(^^)!。

カトリーヌは
服飾職人や調香師・薬剤師、
イタリア文化を全部引き連れて、

フランス国王アンリ2世に嫁ぎました。

財力も知識も豊富な彼女は
南仏グラースの香り豊かな「ゼラニウム」に目をつけて、
グラースに香料工場を作ったそうです。
 
ゼラニウムとカトリーヌメディチ
 
現在は香料で有名な南仏グラースですが、

16世紀から革産業が盛んで革職人達の街だったんですね。


カトリーヌ王妃のパワハラ(笑)
「香料・手袋製造業者営業条例」
のおかげで
革職人の街グラースは、

革産業が発展すればするほど大量の香料が必要となり、
ついには香料産業のほうがメインになってしまったんです(^_^;)。。。
 
フランスに香料を持ち込み、
グラースを香水の街にしたのは
イタリア「メディチ家のカトリーヌ」だったんですね♪。
 

香りで主張する女性たち 

社会的立場も弱く主張を大声で叫べない女性達は

「言葉」のかわりに、

メッセージとして、
ハーブの
香りを駆使していたんだろうなあ~。
 
言葉以上に心に強く響くのが
「香り」なんだと思います。

 


当校では精油の背景として逸話も紹介しています。

イースターセブンで貴方もアロマを駆使しませんか♪

コロナ禍のコースでは、
座学はオンライン、実習はスクーリング授業
(遠方の方はご相談下さい。)

受講生 募集中♪

********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ