心身に吸収されるアロマ「精油」の大きさって?

アロマテラピーは、

薬草や漢方、ハーブの濃縮エキス「精油」を
心身に吸収させる事で、

体内環境を整えて、
美容と健康を増進する自然療法の一つです。

 

 だから、
精油を吸収させる事が必要なんです。

(*吸収=血中に取り込まれ全身に作用)

精油の分子が小さいので、
血中に吸収させる事ができるんです♪

精油のサイズって?

 

精油の大きさサイズ


資格コースで学ぶ精油の化学では、

「分子量」で表現されています。

分子量500以下なら、
皮膚に吸収されます。


*分子量については⇨
「成分で紐解く精油の特徴」講座で学習できます。

 

皮膚を通す分子量

細胞のある表皮=分子量3000以下なら通す

血管や神経のある真皮=分子量800以下なら通す

皮下組織の血管=分子量100以下なら通す

イメージとしては、

肌の弾力成分コラーゲンの分子量は、
10万〜30万で大きいから通さないので、
肌の弾力ではなく保湿の役割ですね。

 

 精油の大きさ


精油の分子量100〜300前後
なので、

皮膚に吸収されます。

キャリアオイル(植物油)の分子量は1000程度なので、
真皮の太い血管やには吸収されます。

精油分子量100〜300??
分子量ってどんな大きさ?

 

分子のサイズ比較

細菌=1μ(ミクロイン)=1000nm(ナノメートル)

ウィルス=0.1μ(ミクロン)=100nm(ナノメートル)

精油=0.013μ(ミクロン)=13nm(ナノメートル)


nm(ナノメートル)で比較すると、

大きさがわかりやすくなると思います。

小さい分子の精油だから、
吸収され
全身を巡って作用して、
最後は排泄されるんです。

アロマクラフト


貴方もイースターセブンで
アロマを駆使してみませんか♪

コロナ禍のコースでは、
座学はオンライン、実習はスクーリング授業
(遠方の方はご相談下さい。)

受講生 募集中♪

精油ブレンド術⇨ブレンドデザイナー資格コース

アロマの基礎⇨アロマ検定アドバイザーコース

精油効能⇨アロマインストラクター資格コース

アロマ応用力⇨アロマセラピスト資格コース

アロマスキルアップ講座 
==============

お友達限定の特典満載♪

お申込/お問合せ
(公社)日本アロマ環境協会AEAJ
総合資格認定校イースターセブン
********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ