精油の香りテスト嗅覚訓練法<かんたん初級編>

アロマテラピー検定試験の準備はお済みですか?。

「香りテスト」は2問しか出題されないですが重要です(アロマ検定だからネsweat01~)。

 

日本伝統「香道」では聞香(もんこう)の鼻休めには、お漬物をかじっていたそうです。

それ以来、お漬物を「お香々(おこうこう)」と言うようになったそうです。

 

食べなれた嗅ぎ慣れた香りをを鼻直しに使うのはアロマも同じです♪。

 

 

さすがに、お漬物をかじりながら精油の勉強はしませんが、

 

【アロマ】が命の資格ですもん。

アロマセラピストやブレンドデザイナーの「鼻訓練*初級編」にもおススメの方法があります。
 

香りテスト

 

試香のタイミングは、動物的本能を活かせるように

・感覚が冴えている午前中に。

・至福の満腹ではない時に。

・月経後のエストロゲン期に。

 

 

試香の方法は、嗅上皮に香り分子を吸着されるように(嗅上皮=鼻腔トンネルの天井)

・精油瓶からは刺激が強いので1滴たらした試香紙を利用(切った画用紙でもOK)。

・瞬間的に断続的に嗅ぐ。

・犬のように勢いよく「クンクン」と1回。

・「クンクン」は3回まで。

 

 

試香の注意点は、嗅覚は疲れやすくデリケートなので

・適宜、部屋の換気を。

・一度に深く吸い込まない(楽しむのではなく嗅ぎ分けだから)。

・1時間したら休憩を。

・コーヒーのように刺激の強い飲料水は避ける(紅茶や緑茶がおススメ)。

・嗅ぎなれている香りで嗅覚回復確認を(嗅ぎなれているならコーヒーでもOK)。

 

 

アロマの覚え方は、ワインソムリエのように

・香りを言葉で表現して書きとめる。

・物に例えて表現 ~ バナナに似た香り。

・五感を使った表現で ~ 明るい・静かな・甘い・柔らかい。

・情感やイメージで表現 ~ ワイルドな香り。

 

 

試香のポイントは、基準となる精油を決めて

・似た香りの精油同士を比べて違いを嗅ぎ取る。

・例)オレンジを基準にして、
 同じシトラス系のベルガモットとの違いを感じる。

・間違えやすいと言われる精油を比較する。
 フランキンセンス、マジョラム、ティートリー
 

香りテストのムエット

是非、イースターセブンアロマテラピースクールで、
アロマを楽しみに来て下さい♪

受講生募集中!
アロマ検定対応アドバイザーコース
アロマハンドセラピストコース、アロマブレンドデザイナーコース
インストラクターコース、アロマセラピストコース

 

アドバイスとしては、ノートを感じられるように

香り分子をスローモーションでキャッチするイメージです=上級編。

 

例えば、ラベンダー精油の

トップ部分の爽やかハーブ調の香り、ミドル部分の甘いフローラル調の香り、

それぞれの香りを順番に感じられたら、ラベンダーの虜になっちゃいますよ~。

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ