イースター復活際*樹木と樹脂のアロマ

キリストは3日目に蘇りました。。

復活祭イースターのアロマテラピーはどのようにしますか?。

復活祭精神のイースターセブンでは、
(ロゴマークはイースターエッグからハーブが生まれてるでしょ♪)

 

キリストに因む精油ブレンドでトリートメントケアをおススメします。
(2017年の復活祭は4月16日です)

 

オリーブ油に、

ラベンダー、ローズマリー、サイプレス、シダーウッド、ミルラ。

ハーブウッディーの生命力溢れる力強い香りです。

 

何故これらがキリストに関連しているか?というと。。。

 

キリストの誕生に没薬と乳香が献上されたのは有名です。

 

没薬(ミルラ)は、防腐効果や万病を治すことから

【救世主】の象徴として献上されました。

 

乳香(フランキンセンス)は、神への捧げものにしてたことから

【神】の象徴として献上されました。

 

 

マリア様とイエズス様を守ったローズマリー。

ローズマリーに青色のマントをかけて隠れ、

ヘロデ王の兵隊をやり過ごすことができました。

感謝の印として、ローズマリーの花はの青色になりました。

(マリア様のローズ=ローズマリー)

 

 

十字架にはオリーブとシダーウッドとサイプレスの樹木が使われました。

十字架に使われた木は、禁断の実を食べてエデンの園から追放された

アダムのお墓から生えてきた3種の神木です。

<シダーウッド、サイプレス、オリーブ>

 

柱には、しっかり根を下ろし堅固で大きな木のシダーウッド。

生命力・栄光の象徴です。

 

横木には、枯れることがなく真っ直ぐ天に伸びるサイプレス。

永遠の象徴です。

 

名札には、栽培しやすく無駄なく使える有用なオリーブ。

平和と友好の象徴です。

 

 
キリストの受難では、
 
【苦難・死】の象徴として没薬(ミルラ)とぶどう酒が使われました。
 
 
 

復活に使われたのは、

【救世主の証明】としてミルラとアロエの聖なる油として塗布されました。

 

 

 

誕生から復活に伴う植物は全て樹木です。

大地に根を張り、天に向かって育ちます。

 

復活祭では、自然の恵みと神に感謝して祝いましょ♪。

イースターハット

イースターエッグを探しましょ♪

イースターバニーのイースターハットから何が出てくるかしら♪。

 

受講生募集中!

アロマテラピーを学ぶ本科資格(アドバイザー・インストラクター・アロマセラピスト)

アロマを楽しむ専科資格(ブレンドデザイナー・ハンドセラピスト)

 

AEAJ総合資格認定校 イースターセブン那覇・横浜

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ