永遠の愛をジャスミンで表現した香り*アロマブレンド

愛の深さを香りで表現した名香があります。
開設30年目に突入のアロマスクール(横浜あざみ野/沖縄那覇)イースターセブンの黒澤です。


香水「シャリマー」は男女の<永遠の愛>を感じさせてくれる官能的な香りです。

朝つけたら夜まで香ってる持続力は、私達を異次元に連れて行ってくれるんです。

 

世界初のオリエンタル調香として、
1925年にゲランから【シャリマー】が発売され、現在も世界中で愛されるベストセラーです。

【シャリマー】とはサンスクリッド語で【愛の殿堂】という意味。

「物語」を香りで表現するジャック・ゲランの作品です。

その物語は、、、

ムガル帝国最後の皇帝シャー・ジャハーンは、
愛妃ムムターズ・マハル(意味:愛でられし王宮の光)の為に庭園を作り
「シャリマー(愛の殿堂)」と名付け、

2人だけの愛の世界として星空の下、庭園シャリマーで愛を語り合っていました。

ですが、マハルは男子を出産後に世を去ってしまいました。

ジャハーンは悲しみ永遠の愛の象徴として、
インドやヨーロッパから優れた彫刻家や職人たちを呼び寄せ、

マハルの廟墓としてタージ・マハル(意味:宮殿の王冠)を建てさせました。

この驚異の建築物が

「それは時間という頬の上に留まる一粒の涙のごとくたたずむ」

と称される世界遺産タージ・マハルです。


この伝説の愛の物語からインスピレーションを受けて作られたのが「シャリマー」です。


ゲランで働いていた調香師ロジャ・ダブ氏は

「心を奪われた男の女性へのオマージュである。きっと、

これを纏う女性に出会った男は、ふと立ち止まって声をかけずにはいられないはずだ」
 

と賛美しています。

「シャリマー」のオリエンタル・アコードは、現在も調香師たちが学ぶ基礎処方だそうです。

 

「シャリマー」香水(オリエンタル) レシピ

トップノート
  ベルガモット、レモン

ミドルノート
  ジャスミン、ローズ

ベース(ラスト)ノート
  ペルーバルサム、ベンゾイン、バニラ、トンカビーンズ、パチュリー、
  イリス、オポポナックス、レザー、カストリウム

精油でのアレンジ *数字は比率

ベルガモット6
ジャスミン 2
ローズ 2
パチュリー 5
バニラ1% 3
トンカビーンズ1% 2

アロマブレンドデザイナーコースのクラス中に、
「シャリマー」のアレンジを作成したい方は事前にお申し出下さい。

このシャリマーの真逆に、破滅系の名香「プワゾン」があります!

香りの芸術である香水を、ナチュラルな精油で創る事ができるんです。

感性を磨きながら、精油を使ったブレンド術を習得しませんか?

精油ブレンド術⇨ブレンドデザイナー資格コース

 

********************
お申込/お問合せ
(公社)日本アロマ環境協会AEAJ
総合資格認定校イースターセブン
********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。
 

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ  

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ