現代香水第1号ジッキー★男女両用のアロマ

1889年に作成された「現代香水の第1号」と称されるジッキー。


従来の花の香りを真似る単純な香水と異なり、初めて合成香料を使用し、


情景や感情を表現した芸術作品です。

 

ゲラン2代目のエイメがイギリス留学した時に
 

恋した女性への想いを香りで表現したそうです。
 

プロポーズをしたけど彼女の家族に反対され実らなかったそうです。
 

エイメは独身を貫きました。そんな情感の詰まった香水です。
 

 

 

ジッキーがブレークしたキッカケ


男性的な香りだったので、エイメの甥ジャック(ゲラン3代目)が

自分の愛称「ジッキー」の名をつけ

男性用香水として発表することになりました。

 

(実はエイメが恋したその女性の愛称も「ジッキー」です。

多分、エイメの想いをネーミングに起用したジャックなんでしょうね。)


その後、

男女平等を問う時代に女性たちに使用され、

男女両用のユニセックスな香りとして愛され続けています。

 

時代を超えて人々を魅了する名香です。

映画「恍惚」や「タンゴ」に香水ジッキーが登場します。

タンゴでは

「ジッキーをつけた女性に感じるんだよ。ジッキーをつけた女性にブスはいない。」

のセリフが印象的です。

ジッキーをつけたら美しくなるかしらん?

 

エイメ/ジャック・ゲランの「ジッキー」香水(フゼアオリエンタル)レシピ

*香りのピラミッド「ノート」については横浜店コラム参照。


トップノート

ベルガモット、ローズマリー、ラベンダー
 

ミドルノート
ローズ、ジャスミン
 

ベース(ラスト)ノート
ローズウッド、ベチバー、バニリン、オポポナックス、イリス、クマリン

映画タンゴ

 

精油でのアレンジ  *数字は比率

ベルガモット 4
ローズマリー 2
ラベンダー 3
ローズ 2
ローズウッド 1
ベチバー 2
バニラ 2
トンカビーンズ 4

 


アロマブレンドデザイナーコースのクラス中に、「ジッキー」のアレンジを作成したい方は事前にお申し出下さい。

ゲランの傑作品⇒「インペリアル」レシピ

精油のブレンドを楽しみながらAEAJの資格も取得しちゃいましょう。

⇒AEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格取得コース

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ