アロマブレンド【2つのノート】【香りのピラミッド】

精油を使って香水を作る時は、アロマテラピーのブレンド学とは多少異なります。

香水テーマの中心を語る時は【タイプ(又はコンセプト)】というカテゴリーがあります。
        例)シプレ、フゼア、オリエンタル、など
 

アロマテラピーと共通している部分では、
香りを言葉で説明する時には【ノート】というカテゴリーを使います。

2つの意味で使い分けてます。

①香りの持続性
  例)トップノート、ミドルノート、ラストノート(ベースノート)

②香りの香調
  例)レモンはシトラスノート、ローズはフローラルノート、など
 

そして見事に持続性と香調は立体的にリンクしているんです。

それが【香りのピラミッド】です。

201671916398.jpg

 

トップノート
香りの第一印象、使い心地を決定、5~10分まで香る、
柑橘類のフレッシュな香り(シトラス・アロマティック)

  ◆シトラス  ◆アロマティック

 

ミドルノート
香水のテーマ、ストーリーを展開、30分から香る
花などの香り(フローラル・グリーン・フルーティ)

 ◆フローラル  ◆グリーン  ◆フルーティ

 

ラストノート
残り香、香水の個性、60分から香る
木や樹脂の重く温かい香り(スパイシー・ウッディ)

 ◆スパイシー  ◆ウッディ  ◆レザー  ◆フゼア
 ◆シプレ    ◆グルマン   ◆アンバー    ◆オリエンタル
   ◆パウダリー


*バランスのとれた、調和のとれた香りを作るのに必要な知識です。

201671915320.jpg
         *テット=トップ、クゥール=ミドル、フォン=ラスト(ベース)

【香りのアコード】と【香りのオルガン】について⇒コチラ 
 

精油のブレンドを楽しみながらAEAJの資格も取得しちゃいましょう。

⇒AEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格取得コース

 

********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。
 

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ  

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ