調香師ゲラン一族の香り②*アロマブレンド

香水の専門家ゲランの特徴は
4つ+1つあるようです。

1つ目は、
「80%は天然香料」を自慢するだけあって天然香料の質にこだわっています。
 

2つ目は、
代々子孫の中から優れた「nez(鼻)」=調香師が誕生していることです。
 

3つ目は、
一族が名香を創作し続けたことです。凄い一族です。
 

4つ目は、
6つの天然香料を組み合わせる「ゲルリナーデ」と呼ばれる調合法です。
 (ベルガモット、ローズ、ジャスミン、トンカビーンズ、バニラ、アイリス)

ゲラン本

インペリアル香水

まずゲラン社の祖
ピエール・フランソワ・ゲランは、

ナポレオン3世ユージェニー皇妃に捧げられた

ネロリやシトラス等をふんだんに使用した

「柑橘の女王」と称される⇒【インペリアル】1853年。(写真)

 

二代目エイメ・ゲランは、

合成香料バニリンとクマリンを使った

近代香水の第1号⇒【ジッキー】1889年。

ミツコ

三代目ジャン・ジャック・ゲランの作品は、

<物語>を香りで表現するのが特徴です。
 

小説ラバタイユのヒロイン「ミツコ」をイメージにした
【ミツコ】1919年。
(写真)

 

タージ・マハール伝説の愛の物語からインスピレーションを得た
【シャリマー】1925年。

 

飛行士兼「星の王子様」「夜間飛行」
著者サンテグジュペリへのオマージュ
【夜間飛行】1933年。

 
サムサラ

四代目ジャン・ポール・ゲランも

スゴ鼻で<魂>を表現する天才です。
 

土や緑、タバコの香りなどゲラン家の庭師たちをイメージした

⇒【ベチバー】1959年。


サンダルウッドをたくさん使った「輪廻転生」という意味の

【サムサラ】1989年(写真)

 

そして、華麗なる一族に新風を放ったのが、

五代目ティエリー・ワッサー。
ローズの魔術師です。

ゲランの後継者として
初めて一族以外から選ばれました。

 

これが、
ゲランの特徴4つ+1つ の 「+1」です。

 

イースターセブンのAEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格コースでは、
90種の天然精油を使用して「香りの芸術」作りをしています。

 

 
ティエリー・ワッサー

 

イケメン五代目の代表作は、

「バラの谷」から厳選した
ブルガリアンローズにこだわった

【イディール】です。即、購入しましたよ♪。

 

精油のブレンドを楽しみながらAEAJの資格も取得しちゃいましょう。

⇒AEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格取得コース

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ