バラ・ベルサイユのブレンドレシピ*パーティーの主役が纏う香り

 

晴れ舞台で気合いを入れる豪華な「バラ・ベルサイユ」は、

母のお気に入り香水です。

 

なんと母はPTAや授業参観にもつけていました。

艶やかなオリエンタルノートを、

爽やかに凛とした感じに身にまとうんです。

「出来の悪い娘を誇りにしてます!」と言わんとばかりに堂々と!。

 

娘の学校で気後れしないように

<気合い入れ>がバラ・ベルサイユだったのでしょうね(笑)。

 

1962年に発売されたジャン・デブレの作品

【バラ・ベルサイユ】

ルイ14世時代 ベルサイユ宮殿の舞踏会をイメージして作られた

「ベルサイユ宮殿の舞踏会」という意味の香水です。

<バラ=舞踏会>


(マンガ~ベルサイユの薔薇~ではありません)

 

香水史上最も高貴で、

オリエンタルノート「永遠の名香」と称される、

合成香料を一切使わず、

天然香料300種のみを使用した高価な香水です。

 

豪華絢爛な格調高いベルサイユ宮殿で

300名の淑女たちが華やかに踊る姿が

想像される美しい香りです。

香水のデビュー発表会はネーミング通りに、
マリーアントワネットの住まいでもあったベルサイユ宮殿で催されました♪。

 

マリーネ・ディトリッヒも賞賛した香り。

ボトルには「ベルサイユの舞踏会」イメージのキッカケとなった

ロココ芸術のフラゴナールが描いた「五感」のレプリカが装飾されています。

 

マイケル・ジャクソンや三輪明宏も愛用する世代を超えた名香です。

そして私の母も愛用(^_^;)。

 

バラ・ベルサイユ

「バラ・ベルサイユ」香水(オリエンタル) レシピ

トップノート
ベルガモット、レモン、ネロリ、イランイラン、カッシー
 

ミドルノート
ジャスミン、ローズ、オポポナックス、オリス
 

ベース(ラスト)ノート
サンダルウッド、ベチバー、パチュリー、バニラ、トンカビーンズ、
シスタス、オークモス

 

精油でのアレンジ  *数字は比率

ベルガモット 4
レモン 3
ネロリ 2
ジャスミン 3
ローズ 3 
サンダルウッド 1
パチュリー 1 
シスタス 1 
トンカビーンズ1% 1
オークモス 1 

アロマブレンドデザイナーコースのクラス中に、「バラ・ベルサイユ」のアレンジを作成したい方は事前にお申し出下さい。

 
********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。
 
にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ  
  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ