ゲーテに学ぶ植物形態学~植物の形とふるまい

植物療法の学校トトラボ 村上志緒先生(薬学博士)を招いて

特別セミナー【ゲーテに学ぶ植物形態学~植物の形とふるまい~】を開催しました。

詩人ゲーテ「自然と象徴」をもとに、

村上志緒先生がわかりやすく植物の存在を説明して下さいました♪。

有意義で盛りだくさんの2時間でした♥。

 

収縮と拡張の連続性

バラやユリ、カーネーション等を分解して、

茎、葉、ガク、花、雄蕊、雌蕊、へと

連続性によって変化している形を見つめました~♪。

 

生命の連続性

鏡に映っている私は、今 急に存在したわけではなく、

誕生して、幼少期、少年期、青年期を経て成人して、

成熟して老化していきます。

生命は連続の連続で変化しています。

 

収縮と拡張のリズム

美しい花も突然に咲いたわけではなく、

種子から発芽して葉を広げて成長し(収縮と拡張)、

更なる生殖のために花を開いています(収縮と拡張)。

その収縮と拡張のリズムの連続性なんですね♪。

 

成長の葉から生殖の花

各植物は環境に適応する為に花々は、

形や色や香りのバリエーションに変化していったようです。


受粉を手伝ってくれる遠くの昆虫や鳥や動物の

目安すとなったり、紫外線を防御したり、

害虫から身を守ったりするのが花の【形・色・香り】です。

 

香気成分のナチュラルバランス

受粉を手伝う動物たちは特定の成分に反応するのではなく、

香気成分のブレンドバランスの嗜好性で集まります。

このナチュラルバランスの賜物が精油なんですね~♪。


植物の香り「精油」は、

地球環境に適応してたくましく生育していく術。

 

植物たちの立場になって、

植物の連続性に目を向けると、

ダイナミックな生命の根本があらわれていく・・・・。

ゲーテのように五感で「自然」と向き合っていくと、

自然からの声、植物からの声、

香り(精油)からの声、が聞こえてきます♪。

 

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ