アロマ検定に登場する「ネロリを流行らせた女性」

 こんにちは♪イースターセブンの黒澤円です
 今月はオレンジ花を流行らせた女性を紹介します。

ネロリを流行らせた「アンナ・マリア・オルシーニ」


12世紀フランスでヘンテコな法律

「香料・手袋製造業者営業条例」というのがあったそうです。

<臭い革の匂いを隠すために手袋に香料を添付しましょう>
って内容です(笑)

 

手袋を着用すれば良い香りを発する事ができるので、
当時は、
香料と手袋がワンセットにされていたそうですよ~。


そこに目を付けたのが、

イタリアのネロラ公国王妃「アンナ・マリア・オルシーニ」です。
 

 

 

ネロラ公国の広告塔アンナは、
自国物産品「柑橘類」をアピールしなければなりません。

 

「皆が食べる果実は需要があるけど、
どの国でも生産
しているし安価で儲けが少ない。」

 

「花の香りは果実より華やかで手袋香料になるし
高価に取引される。ビジネスチャ~ンス!

と考えたのでしょう。。。

 



ネロラ公国
の広告塔♪ 若く美しいアンナが、

革手袋の香り付けに自国物産品オレンジ」の花を使用し、

流行らせた事からオレンジの花の事を
「ネロリ」と呼ぶようになったそうです。

*抗ストレスのネロリ⇒コチラ 


香りで主張する女性たち
 

社会的立場も弱く主張を大声で叫べない女性達は

「言葉」のかわりに、

メッセージとして、
ハーブの
香りを駆使していたんだろうなあ~。
 
言葉以上に心に強く響くのが
「香り」なんだと思います。

 


当校では精油の背景として逸話も紹介しています。

イースターセブンで貴方もアロマを駆使しませんか♪

コロナ禍のコースでは、
座学はオンライン、実習はスクーリング授業
(遠方の方はご相談下さい。)

受講生 募集中♪

********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ