キプロス島が舞台のシプレ系

キプロス島のシプレ

 

愛と美の女神アフロディーテが降り立った東地中海に浮かぶ島が、

神木「サイプレス」を崇拝している事から、

【キプロス島(シプレ)】と呼ばれ、

中東からギリシャ・イタリアへと航路の要となった島です。
 

その為、キプロス島は島全体が香りに満ちています。

 

「現代香水の父」と称されるフランソワ・コティが

その地中海地方の香料を使い

キプロス島に満ち溢れていた香りにちなんで

命名した「シプレ」という香水を発表したことから、

香水業界に「シプレ」というコンセプト(香り系統ノート)が生まれました。

 

シプレ香水の起源

爆発的な人気となったコティの香水「シプレ」以来、

【新鮮な柑橘+パチュリーやオークモス+花abs】を使用した

ブレンドを【シプレ系】と表現するようになったんです。

 

※「キプロス島」の起源になった「サイプレス」が使われていないのが興味深いです~(笑)。

 

シプレノート⇒バリエーション

 

コティの「シプレ」香水(シプレタイプ) レシピ

*発売当時は天然のジャスミンとローズAbsが4~5%入っていたそうです。

トップノート。
ベルガモット、レモン、ネロリ、オレンジ、フルーツ
 

ミドルノート
ローズ、ジャスミン、カーネーション、オリス、イランイラン、ライラック
 

ベース(ラスト)ノート
オークモス、パチュリー、ラブダナム、スティラックス、シベット、ムスク

精油でのアレンジ ※数字は比率

ベルガモット 4
レモン 3
ローズabs 5
ジャスミン 4
ラブダナム 1.5
パチュリー 2
オークモス 0.5

 

アロマブレンドデザイナーコースのクラス中に、
「シプレ」のアレンジを作成したい方は事前にお申し出下さい。

他、名香から生まれたコンセプト⇒「フゼアロワイヤル」レシピ



精油のブレンドを楽しみながらAEAJの資格も取得しちゃいましょう。

⇒AEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格取得コース

********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。
 

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ  

 
  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ