ミツコのブレンドレシピ*クラシカルなローズ名香シプレ

 

ドラマティックな名香【ミツコ】

日本の女性名ですが、クラシカルなヨーロッパ的な香りです。

つけた人の匂いによって香りが変わる様が如実なんです。

姉がつけるとクラシカル感、

私がつけると果物感、

姪がつけるとローズ感。

七色の香りを放つミツコさんです♡。

 

ゲラン社4代目ジャック・ゲランが

第一次世界大戦が終結した翌年1919年に発表された名香
 

「Mitsouko」ミツコ

作家クロード・ファレールの小説

「ラ バタイユ(戦闘)」のヒロイン「ミツコ」を

イメージした香りです。

*日本海軍大将の若く魅力的な妻ミツコと、

 快活な若い英国海軍士官が恋に落ちるが、

 不倫を潔しとせず彼を拒む…というストーリーです。

 

作家クロード・ファレールは

憧れの女性の名前をヒロインにつけています。

 

小説ラ バタイユ「ミツコ」のモデルは実在、

当時の社交界で「サムライの国で生まれた伯爵夫人」

と注目されていたクーデンホーフ伯爵夫人「光子」さんです。

(諸説ありますが、ゲラン社も「光子さん」の影響を認めています。)

 

「ミツコ と 光子」、2人のレディーが織りなす香りは、

品格のあるクラシカルシプレ。

 

「物語」 を香りで表現するジャック・ゲランの傑作です。

 

優雅なローズを象徴させたバカラのヴィンテージボトル

「薔薇のつぼみ」も素敵ですよね。(*ローズの秘密秘密⇒コチラ)

 

 

*シプレノート⇒バリエーション

ゲラン「ミツコ」香水(シプレ) レシピ

トップノート
ベルガモット、レモン、マンダリン
 

ミドルノート
ローズ、ジャスミン、イランイラン、ネロリ、ピーチ
 

ベース(ラスト)ノート
オークモス、ラブダナム、ベチバー、シナモン、クローブ、バニラ

 

精油でのアレンジ  *数字は比率

ベルガモット 3
マンダリン 4
ローズ 4
ジャスミン 4
ベチバー 1

オークモス1% 2
ラブダナム1% 2

アロマブレンドデザイナーコースのクラス中に、「ミツコ」のアレンジを作成したい方は事前にお申し出下さい。

*調香師ゲランの世界 ⇒ 華麗なる一族

 

精油のブレンドを楽しみながらAEAJの資格も取得しちゃいましょう。

⇒AEAJ認定アロマブレンドデザイナー資格取得コース

********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。
 

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ  

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ