ハンガリアンウォーターの精油*世界最高の芳香治療水

ローズ精油を使った有名レシピは<世界最古の芳香治療水>

ココロとカラダの痛みを和らげる&若返る
「ハンガリ―王妃の水」<ハンガリアンウォーター>ですネ。

リウマチで悩んでいたハンガリー王妃エリザベートⅠ世は、

キリスト教神父が献上した「ハンガリアンウォーター」を

痛みに擦り込んだり、
お風呂に入れたり、
飲んだり、と
様々な方法でバシャバシャ活用したそうです。

 

すると、

身体の痛みと、痛みによる心の痛みからも解放されただけでなく、

更年期のホットフラッシュや抗ストレス&クールダウンで、

若さも取り戻し70歳過ぎに隣国ポーランド国王にプロポーズされたそうです。

(それ以来、ハンガリーはキリスト教に頭が上がらなくなったみたいだけど)

2016518155254.jpg
 

14世紀の僧院医学時代の話ですからハーブチンキです。(ハーブチンキ=養命酒みいたなもの)

 

アロマテラピー版「ハンガリー王妃の水」レシピ

ローズabs(鎮痛、シミしわタルミ、抗ストレス)

ローズマリー(鎮痛、血行促進、育毛)

ペパーミント(鎮痛、リフレッシュ、冷却、クール)

レモン(制酸、デオドラント、リフレッシュ)

オレンジ(癒傷、抗ガン、幸福感)  

 

エリザベートⅠ世にあやかって、私は、
肩こりや筋肉痛、脚のむくみ、
アンチエイジングスキンケア、
偏頭痛や育毛のヘアトニック、などに使ってます。

 

また食べ物と同席しても違和感のないレシピ なので

来客時のおしぼりの香り付け、にも最適です。

上ドライハーブで作ったチンキ版
 
世界最古の芳香治療水<チンキ作り方>
①下記のドライハーブをすり潰す
 ローズの花びら=大匙3杯
 ローズマリー  =大匙5杯
 ペパーミント  =大匙3杯
 レモンピール  =小匙1杯
 
②オレンジエッセンスを1.5カップ作る
 オレンジピール(小匙1杯)のハーブティ上澄み1/3
 60℃前後のウオッカ
 
③ローズエッセンスを1.5カップ作る
 ローズの花びら(小匙1杯)のハーブティ上澄み1/3
 35℃前後のウオッカ

 
④上記の①②③をミックスして瓶に入れ、
 毎日よく振り、
3ケ月後にコーヒーフィルターなどでハーブを濾す
 
⑤濾したチンキを熟成させる為に寝かす
  熟成させるほど、良い質になる
 (アルコールが抜けチンキが濃縮される)

 
 

◆ハンガリーでは女の子が生まれたら「ハンガリー王妃の水」チンキを作り、

熟成させ、お嫁に行く時に「花嫁道具」のひとつとして持たすそうです。

 

祖母が嫁いだ年代ものハンガリー水や、

母が持参したハンガリー水、

そして自分のハンガリー水・・・。

 

と、熟成具合で用途を分けてるそうです。

 

◆日本では女の子が生まれたら

庭に桐の木を植えて、お嫁に行く時に

その桐の木で箪笥を作る「花嫁道具」にしてきたハンガリー版ですね。

 

ハーブの香りを愛したロマンに思いを馳せながら
歴史の香りにつつまれてみて下さい。

精油のブレンドを楽しみながらAEAJの資格も取得しちゃいましょう。

受講生募集中

合格への早道⇒アロマ検定対策コース

20時間でデザイナーになる⇒アロマブレンドデザイナー資格コース

 

********************
下ポチッと応援して頂ければ下励みになります。

にほんブログ村 美容ブログ アロマテラピーへ 

  • サロン問い合わせ
  • セミナー・スクール問い合わせ
  • 精油オーダーフォーム
  • ページ上部へ